*** 這いずる物体 ***

   年を経るにつれて恐ろしいもの、
   苦手なものというのは減ってきたように思う。
   もちろん、今まで平気だったものが駄目になる例もある。

   以前から嫌いだったが、近頃特に苦手になったものが一つある。

   ナメクジだ。

   奴らが出るのだ、我が家には。大量に。
   いや、大量は言い過ぎた。
   しかし雨あがりには要注意である。
   台所の流し場、そして風呂場の壁面や排水口付近。
   そういった場所を奴らは悠々と這い回っている。

   実におぞましい光景だ。

   言っておくが私は外見だけに怯えているわけではない。
   君は奴らの駆除方法を知っているか?

   塩をかける?

   いいだろう、かけてみたまえ。
   気分を害する光景を目の当たりにすることだろう。
   そして奴らは塩によって溶解しているわけではないのだ。
   体内の水分を奪われ縮んでいるに過ぎない。

   水分を奪われ濃くなった粘液は
   体の中心の水分を容易には外へ逃がさない。
   つまり完全に絶命させるには
   長い時間と多量の塩が必要なのだ。

   そして、恐ろしい事に完全に息の根を止めない限り
   水分を得れば再び甦る。

   無知だった頃の私は、流し場で発見した奴に
   多量の塩化ナトリウムをお見舞いし
   完全に動かなくなったところで排水溝へと流していた。

   しかしそれでは意味が無かったのだ!

   追いやった筈の深淵から奴は再び登ってくる。
   元通りの復活した姿で。

   奴らを駆除するには天敵か毒を用意するしかない。
   もしくは奴らの忌避する銅を使って侵入を防ぐかだ。

   しかし・・・一つだけ禁断の邪法が存在する。

   奴らは酵母菌を愛してやまないらしい。
   理由はわからない。
   わからないが、そこを衝く事は可能だ。

   つまり、飲みかけのビール缶を放置しておけばいい。
   奴らは浅ましくも先を争って黄金色の海に飛び込み、
   暫くの後溺死する。

   はっきり言ってあんな下等な生物に麦酒を与えるのは惜しい。
   これが邪法である理由だ。

   そして禁断の手である理由は・・・
   決して役目の終わった缶の中に興味を持ってはいけない。
   つまりはそういうことだ。

   ついでに言うならその"缶"をどう処分するというのか・・・

戻る 











広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット